月経前症候群が起こる原因について

月経前症候群が起こる原因について

月経前症候群,原因

 

月経前症候群の症状で何故か理由もなくイライラするという事も誰もが症状がでた事があると思います。

 

基礎体温をつけているとわかりやすいですが、排卵日で体温が下がり終わると同時に高温期にはいります。高温期にになると黄体ホルモンが分泌されます。この黄体ホルモンが脳内物質低下を起こして痛さ、だるさ、精神的バランスに影響がでます。

 

原因は高温期の黄体ホルモン分泌の量によるものだと言われています。月経前症候群の症状のひとつ「イライラ」は自分ではどうしようもできません。

 

ちょっとした事で周りに八つ当たりをしてしまいます。排卵がある間は子宮は妊娠への準備を毎月繰り返します。対策方法を考えなければいけません。

 

方法1.基礎体温をつけてそろそろというタイミングを知る。

 

2.タイミングがわかればリラックスできる方法を実行する。映画が好きならゆっくり映画を見たり、自分のリラックス方法で過ごす事を優先する。

 

3.友人とランチに行っておしゃべりする。楽しく過ごしてもまだ改善されなければ婦人科に行き漢方薬やお薬を処方してもらうと精神面では楽になります。

 

 

家族には「お母さんは今イライラする時期だから気にしないでね」と伝えておいて理解してもらっていると精神的には楽になります。周りにも伝えておく事をおすすめします。

 

生理痛改善法